結婚指輪の正しい渡し方

どうして指輪は欲しいのかな?

そもそもどうして結婚指輪ってほしい物なのでしょうか?昔は仕事の邪魔になるということで結婚指輪をしない男性が多かったと思います。それとかわり、今では指輪をする男性が多くなったと思います。女性としては結婚指輪には強い思いがあり、人生を歩む人と指輪によって家族になった気持ちを実感することができるからではないでしょうか。
よく給料の三か月分の値段が相場と聞きますが、高価な指輪だと愛が深いと女性は思うものですよね。値段で気持ちが決まるものではないのですが結びつけてしまうのが女性の悪い所なのかもしれませんね。それを理解してくれる男性も増えてきているのも事実だと思います。そして相手が喜ぶものを一生懸命働いたお金で送るのは素敵なことだと思います。

男性もロマンチストを願う?

今の男性は指輪を渡すには演出とロマンチックな場面を考える人が多くなっているように思います。誕生日に風船の中に仕込むとか、ケーキの中に仕込むなど聞いたこともあります。定番な夜景が見える所で手渡しをするというのを思い出しますが、時代や人により手が込んでいると感心しますし、いい思い出にもなりますね。
指輪を渡すタイミングは二人の気持ちが頂点に達したときでいいとも思います。プロポーズと共に渡されると女性は喜び一生の想い出になりますね。男性も同様一生忘れないドキドキ感を味わうのではないでしょうか。そして老いてゆくまで寄り添い、いつまでもプロポーズしながら指輪を渡すシーンを忘れないでいってほしいものですね。