結婚指輪の宝石について

シンプルなデザインが求められます

結婚指輪のイメージといえば、だいたいが装飾なしのプラチナやゴールドのリングタイプを思い浮かべますよね。宝石がついていても、細かなもので大きなダイヤモンドが付いているものはほとんどありません。
その理由としては結婚指輪というのは日常で指に嵌めているものだからで、あまりにも大きな宝石が付いていたり、装飾が付いていると、生活をしている時に邪魔になってしまいます。それゆえシンプルであることが求められて、さらに結婚生活が続いていく間は使い続けていくことが前提になっているので、何歳になっても違和感のないデザインの方がいいのです。婚約指輪と違って、機能性や使いやすさに重点が当てられていることが多くなっているのです。

装飾は内側に行うことが多いです

ただ時代の流れはあって、昔は宝石はまず使われることがなかったのですが、最近は細かいものなら飾られるようになってきています。細かなものなら日常使いでも邪魔になりませんし、ちょっとしたアクセントになってくれます。
そしてもうひとつ最近の流行があって、それが内側に宝石をつけるというものです。特に人気となっているのが西洋の結婚に対するおまじないであるサムシングブルー、青いものをひとつというのにちなんで、サファイアを埋め込むことが多くなっています。さらに愛のメッセージやイニシャルを彫り込んだりと、外側はシンプルに、普段は見えない内側にこだわっています。
大切な結婚指輪、毎日使用するものなので邪魔にならないよう、でも特別なものを選びたいものです。